2010年12月10日

NexStar 4GT -セレストロン天体望遠鏡- を改造して微速度用ローリングシステムを構築

DSC_3989s.jpg


前回のエントリーで発表した作品である未来メカニズムにおいて、広角で撮影された映像を擬似的にローリングさせる手法を使いましたが。今回は実際に機材としてローリングシステムの構築をしましたので、そのことを書かせて頂こうかと、、、

一年以上前にD3用に外部バッテリーとしてビクセン SG1000を購入した天体望遠鏡ショップのギガオプトさんから連絡がありまして、バッテリーを購入した際に相談した赤道儀を改造した微速度用のローリングシステムについて、制作する暇ができたという話で、早速どういうものを作ったもんだか、色々相談をメールや実際に伺って相談致しまして、、結果、Celestronという会社のNexStar 4GTという機種を改造するのが最も良い方法ではということになりまして、特注の改造を全てお任せでお願いして、つい先日完成品が届きました。こちらのNexStar 4GTの写真と比較して頂ければわかると思いますが、主に望遠鏡との接続部分をカメラの荷台にも変更できるようにした点と、コントローラーの上に4つのボタンが付いているのを見れば解る通り、上下左右のコントロールを固定する特別なボタンを付けて、計二つの点で改造をして頂きました。

なぜNexStar 4GTを選んだかと言えば、一つには一般の赤道儀の中では比較的軽くコンパクトである点と、何よりも赤道儀といえば24時間で360度回転するものですが、この機種は微調整用に上下左右のボタンで360度(1回転)を2倍速の12時間、4倍速(6時間)、8倍速(3時間)、16倍速(1時間半)、32倍速(45分)、12分、6分、3分、1分半と9段階(赤道儀モードも入れれば10段階)で動かすことができる点が決め手になりました。微速度撮影においてはインターバルを1秒とかにすると、さすがに24時間で一回転するモードでは殆ど動くことがない訳でして、可変で自由度の高い速度調整のできる回転台という意味では、この機種は申し分ないものですので、今回のチョイスとなった訳です。改造費込みで15万くらいのものになりました。まあ殆どが改造の手間ということで、自分で改造できる人にとっては高いと思うかもしれませんが、個人的には大満足の出来です。

今回榛名山と草津白根で試し撮りをしてみました。まあまだまだこなれていないので、作品にできるレベルではないですが、雰囲気だけでも伝われば良いかと、、この撮影ではシャッターは1秒ごとに、そして回転のモードは32倍速で撮影しています。

posted by mockmoon at 22:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 機材など

2010年09月04日

NEX-5の使用感など

買うまい買うまいと思っていたNEX−5なのですが、所用でぶっ通しで1時間あまりの講演を撮影しなければならない必要性に迫られ、昔からのDVカメラなどではデータをPCで扱う手間を考えた時、非常に気持ちが萎えたので、結局ツンデレ気味ですが買ってしまいまして、、今日は御嶽山の映像もできていないのに、そのレビューでもしてみようかと、、、

また購入の決め手になったのは、ネットでマウントアダプタを探していて偶然見つけたmuk selectさんで売っていたソニーα NEX-5,3 Eマウント用ニコンF(Gレンズ対応)マウントアダプタの存在でして、

muk.jpg
アダプタ装着時のNEX5(写真はmuk selectさんからお借りしました。)


NEXのフランジバックの短さは屈指でしょうから、ほぼどんなレンズも装着できる訳でして、しかもこのマウントアダプタ、何とGレンズ対応(といっても詳しいF値は出ずに写真にある「lock←→open」のバーを回して絞りを調整するんですが)でございまして、しかも最新のデジカメに言える傾向として広い液晶にライブビュー、MF時には拡大表示が一発でできると、MFレンズ持ちには嬉しい機能が満載、更にチルト可動式の液晶モニターのお陰で安定した体制からもMFが可能ということで、マウントアダプタをまず注文してしまい、、その足で近くのキタムラで即買いしてしまいました。

で、レビューなんですが、、う〜ん、機能的には素晴らしい、素子もAPSサイズのデカさ、1420万画素、フルHDとスペックも十分なはずなんですが、、、、まずは下のフルHDのキャプチャー比較を、、、

compare01.jpg


1枚目、2枚目はNEX5と5DmarkIIのフルハイビジョンからのキャプチャーを等倍で切り抜いたものです。3枚目は5DmarkIIのJPEG画像を上のみトリミングして16:9、1920x1080にリサイズして、さらにそこから等倍で画面中央の940x540pixelを切り抜いたものです。クリックして拡大して頂ければ解ると思いますが、、う〜ん、、NEX5は、、圧縮率が高すぎる故の弊害なんでしょうか、、、僕の設定が何か間違っているのか、、これが実力なら何とも残念なような、、、

続きを読む
posted by mockmoon at 13:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 機材など

2010年04月01日

美ヶ原と夕日の撮影とAF-S NIKKOR 24mm F1.4G EDレビュー

DSC_7091edit.jpg

Caption 月下の美ヶ原高原と山本小屋
Date 2010/3/30 19:25
Camera & Lens Nikon D3 & Nikkor 24mmF1.4G
Exposure 24mm F1.4 2sec ISO800 photoshopにて増感処理(ISO1600レベルまで引き上げてます)

珍しく続けて投稿します。(笑 やはり機材物とは分けて投稿した方が良いかと思いまして、、、、

浅間に登った後、どうしたもんだかいろいろ考えたのですが、夕日の微速度撮影がしたかったのと、先日清水の舞台から飛び降りて購入したニコンの24mmF1.4のレンズを試写してみたかったのもあり美ヶ原へそのまま直行しました。続きを読む
posted by mockmoon at 23:29| Comment(32) | TrackBack(0) | 機材など

2009年03月09日

5DmarkIIにマウントアダプターで色々なレンズを使ってみた

IMG_5416.JPG
5DmarkII + Ai AF Nikkor 35mm F2D F2.0 1/1250sec ISO100

5Dを購入してから、一つ気づいた事はライブビューが妙に使いやすい点でして、、記録画像のクオリティ変更とか、カードのフォーマットとかその他諸々については結構使いづらいと思っていたのですが、このライブビューは使いづらい5Dのボディの中でもヒットだと思います。で、動画撮影の為にも買ったということで絞り輪の付いたGタイプ以前のニコンのレンズが何かと重宝するということで、マウントアダプターをかませて、結構ニコンのレンズを使ってみたのですが、これが何というか結構良い感じでして、、今日はそのレビューなんぞを書いてみようかと思います。ちなみにレビューなので、画像は元ファイル(JPEG Nomal L)のまんまアップしています。続きを読む
posted by mockmoon at 18:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 機材など

2009年02月27日

D3と5Dmark2の高感度星撮り比較

DSC 2dark.jpg
■撮影機材 Nikon D3 Nikkor 14-24mmF2.8

■撮影情報 14mm F2.8 6sec ISO3200 WB 3450k JPEG S nomal

■現像情報 AfterEffectCS3内でダーク減算後5フレーム分増感

IMG 2dark.jpg
■撮影機材 Canon EOS 5Dmark2 Tamron 17-35F2.8-4.0 (A05)

■撮影情報 17mm F2.8 6sec ISO3200 WB 3400k JPEG S nomal

■現像情報 AfterEffectCS3内でダーク減算後5フレーム分増感

戦場ヶ原での撮影について映像が出来上がってからレビューを書こうと考えていたのですが、なかなか曲も浮かばず、映像ではなく静止画切り出しで双方の機種比較をしてみようかと思います。この撮影をした時の外気温は約マイナス6度から終了間際には10度近かったと思います。5Dm2の方はそのままむき出しで撮影し、D3の方は14-24mmF2.8の結露防止の為、携帯カイロを前玉にストッキングで巻いた状態で撮影しました。ともにEXIF情報が消えているのはAfterEffect内で処理をした為です。連番のJPEGで共に600枚ほど撮影したものを最後に撮影したダークで減算し、それぞれを1フレームずつずらして5枚スクリーン合成を行っています。ですから擬似的にF2.8 ISO3200 30秒の絵だと思って頂ければ宜しいかと。ちなみに双方ともNRはオフにしたJPEG画像です。まあ今回のテストはレンズが違うので、周辺の描写等々では5Dの方が不利なので、その辺を勘案しながら見てもらえば、、、

次にダーク減算をしない画像を並べてみますと、、
.続きを読む
posted by mockmoon at 01:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 機材など

2009年02月25日

我慢できずに、、5DmarkIIを、、

frontview-001.jpg


ここの所の値下がりで我慢しきれず、とうとう買ってしまいまして、、どういう経緯かと言いますと、価格.comを見ていたら熊谷にあるアーチホールセールなる店で5Dの値段が一瞬トップに立っておりまして、「へ〜安い店が近くにあるんだな〜」などと思いつつ、太田のキタムラへ行ったところキャノンマウントのA09が転がってまして、、ちょっと見せてもらったらレンズにちょっとだけキズがあり、それを指摘したら1万3千円で良いとのこと、、5Dを購入するかどうかは解らないが一応買っておくかということで購入したのが運のつきといいますか、、その3日後にアーチホールセールで22万5千円とかになっているのを見て、直クルマで買いに行ってしまいました、、、_| ̄|○

MVI_2646 (0;00;21;29).jpg
※画面をクリックするとDivXのAVIファイルがダウンロードされます。

切り出したJPEG画像を見る

撮影 Canon 5Dmark2 & Nikkor 35mmF2D

設定 1080pで撮影後、AfterEffectにてDivX 720pへ変換

購入理由は2つありまして、一つは動画です。5Dの動画、他の人にとってはさしたる魅力がないかもしれませんが、僕にとっては喉から手がでる程欲しいものでして、、D90で720pの動画が撮れるとは言え、僕の微速度映像との親和性がある程高精細ではないので、どうにも使えなかったのですが、5Dの絵であれば、ほぼ問題なく使えるということで、これを旅の共にすれば、微速度動画も撮れて、同時に必要に応じて普通の絵も撮れるというのはさすがにでかい訳でして、、
.レビューの続きを読む
posted by mockmoon at 23:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 機材など

2008年09月25日

D90の動画テスト

DSC_0002 (0-00-35-11).jpg   DSC_0008 (0-00-06-16).jpg
昼の三日月 画像を拡大する。       花と蜂 画像を拡大する。

DSC_0011 (0-00-16-12).jpg   DSC_1476 (0-00-10-22).jpg
池と鯉 画像を拡大する。          夕暮れの川 画像を拡大する。

とりあえず4つの動画を撮影しました。MotionJPEGのままだとファイルが大きくなってしまうのでDivXに圧縮したのですが、元ファイルと見比べて殆ど劣化はしていません。各々の画像の切り出しは「画像を拡大する」で見て頂ければ良いと思います。

で、感想ですが。CMOS特有の動体歪みに関しては撮り方さえしっかりすれば問題ないです。それよりも問題なのは、正直、圧縮率が高すぎということでしょうか。720p(1280*720pixel)
の動画は大体秒1.6MB(約13Mbit)くらいで記録されるのですが、これだと秒24フレームで1枚当たり70KBと非常に低画質なんですね。「画像を拡大する」で静止画の切り出しを見て頂ければわかると思いまし、1280*720の画像を70KBレベルまで圧縮した絵というを、photoshopなどで試して頂ければ解ると思いますが。ディテールは潰れるし、解像度的には640*360かそれ以下まで落ちてしまう訳でして、何故Nikonがここまで圧縮率を高く、低画質にしてしまったのか理解に苦しみます。例えばDVなどもMotionJPEGに似た記録方式ですけど480p(720*480)なのに秒3.6MB(30Mbit)といった圧縮率でして、その半分しかないと、、、JPEGの圧縮に関しては高圧縮も低圧縮もそれほど処理に違いはないですし、SDカードの転送速度も全然余裕があるのに、ここまで圧縮率を高くしたのは、やはりコンシューマー向けと割り切った仕様だからなのか、それでは何故MotionJPEGという編集を前提とした玄人向けのフォーマットしたのか、等々色々疑問があります。ファームウェアで解決できる問題なのであれば、もうちょっと圧縮率を低く、高画質にしてもらいたい所なんですが、、

ということで、微速度撮影に付加する動画を撮ろうと思っていたのですが、ちょっとこのレベルでは絵として使えないかもしれんです。ニコニコ動画とかyoutube投稿ものだったら使えるかもしれんですが。まあこの値段ですし、レンズ交換可能な点などから考えると非常に面白い機種ではあるんですが、、う〜んそれにしても勿体ないですね〜。1枚あたり300KB、秒7.2MB(60Mbit)くらいにしてくれれば全然きめ細やかな絵になると思うんですけどね〜。
posted by mockmoon at 10:55| Comment(16) | TrackBack(0) | 機材など

2008年09月21日

D90の高感度テスト

DSC_0009.JPG
D90 35mmF2.0D ISO400 F8 10sec

数日前にうちのニャンコで高感度画像を上げましたが、比較対象がなかったので、うちの高感度番長のD3と撮り比べてみました。室内の調度品を、薄暗い照明下(隣の部屋の電気がついていて、撮影部屋ではつけていない状態)で撮影してみたのですが、畳、漆喰の壁など室内では比較的ノイズの乗りやすい条件下での撮影です。で、NRをつけても撮ってはみたのですが、ちょっとめんどくさかったので、NR無しの画像比較ということで、、、テストの続きを読む
posted by mockmoon at 23:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 機材など

2008年09月18日

D90が来たので早速試し撮りを

4960759126283.jpg

発売日前だと言うのにキタムラから電話がありまして、今日の午後に取ってきました。で今日は夕方から仕事だったので、今イジリ始めているのですが、何というかS5proに慣れた手には小さいっす。でも持ちやすく、良い感じの作りです。

で、早速うちのヌコをモデルにお楽しみのムービーを撮ってみました。

DSC_0001 (0-00-02-23).jpg
※画像をクリックするとDivXのaviファイルが再生されます。

画像を拡大する。

MotionJPEG自体ちょっと重いのでDivXに変換しました。1280×720のJPEG切り出し画像は「画像を拡大する」をクリックすると見れます。
(先日までイコライジング処理をした動画を載せておりましたが、とりあえず素の絵の方がこの機種の動画の能力を良く判断できると考えて、素の動画をDivXに圧縮しただけのものにしました。で、してみて思ったのですが、、そんなにチラツキはなかったっす、_| ̄|○、寝惚け眼で作っていたからそう見えたのかな〜、、若干露出の変化はしているみたいですが、、、)

(更に追記 露出変更による動画のチラツキについて。今2chを読んでいたらAE-Lの設定メニューでロックボタンをホールドにすればロックボタンを押し続けなくても一度押せばAEは固定されるとのこと、早速試して万事解決しました。これでチラツキ解消です。素晴らしい。)

まあ感想としては、う〜ん、JPEGの圧縮率が高いせいか、又は暗い場所での試し撮りだった為に感度が相当高かったのか、どうも720pの解像をしていないように感じるんですよね〜。昼間に景色などを撮影してみてこの辺は最終判断を下したい所かと。それとCMOS特有の歪みがブレや激しい動きで出ます。まあこれは仕方がないことかと思いますが、AfterEffect内で見ると、それがまあ顕著でして(笑 普通に映像になっちゃうと気にならない所も、静止画をパラパラ漫画風に見ていくと結構凄いです。

とはいえ、動画を撮る面白さという意味では非常に遊びがいがあると言いますか、イジリ倒したくなる欲望にかられるといいますか。何というかクリエイティビティを刺激する事は確かです。もうちょっとイジリ倒してからしっかりレビューを書いていこうかと、、

で、次に高感度撮影の試し撮りを、、、レビューの続きを読む
posted by mockmoon at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 機材など

2008年09月17日

新しい録音環境

先日pismo死亡の記事に書いたように、ピアノの新しい録音環境構築を模索しておったのですが、とりあえず家にある余ったノートPCを再利用しようかと、、

interlink.jpg


で、数年前に事務の為に購入したVictorのInterlinkが丁度余っているのですが、、、石はMobile PentiumIIIの833MhzにRAMは512MBと、とてもじゃないけど昨今のCubase等のDAWソフトは動かないスペックでして、、とはいえPismoのG3 400Mhzより全然速いはずな訳でして、、フリーの軽いソフトを使えばどうにかなるのではないかと考えまして、このノートに付けるべく新たにUSB対応のオーディオ・インターフェイスを購入してみました。

UA-1EX.jpg


買ったのはローランドのUA-1EXでして、9800円くらいだったでしょうか、、とりあえず、このインターフェイスとフリーのサウンドエディタであるAudacityという構成で試してみたところ、これが結構快適に使えるじゃないですか、、まあリアルタイムでエフェクトというのはちょっと厳しいみたいですが(というかやり方がイマイチわからんです)、ピアノの録音だけならば、普通に今まで通りできますんで、ちょっとこれを使っていこうかと、、

それにPismoから乗り換えて良い事も実はありまして、、何かというと、昔のCubaseはマシンパワーを全開で消費する為、ネットワーク等の設定を切りにして完全なスタンドアローンでなければ録音できなかったので、曲を作ったらCFに記憶してデータを動画編集のPCに持ってくるということをしていた訳なんですが、今回からはそういう枷もなくなりまして、、直接ネットワークHDに流し込めるので、この辺の受け渡しは非常に楽になったし、Pismoのようにパソがぶっ壊れてもデータは問題ないということで、、精神衛生上もヨロシイかと、、、
posted by mockmoon at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材など

2008年09月14日

Pismo死亡

20080109_421370.jpg


長年愛用してきた。PowerBookG3 Pismoが、昨日お亡くなりになりました。(-人-;) もう8年近く使っていたと思うのですが、一昨年当たりから内蔵電池も切れてしまい、それでも日付がおかしくなる程度で騙し騙し使ってました。最近ではピアノの録音専用マシーンとしてCubase共々活躍しておったのですが、昨日燕岳や大天井岳で撮った動画のピアノを付けている最中に、ハードディスクが「ギーガッチャン、ギー、ガッチャン」と泣き出しまして、、敢え無く音楽データ共々お亡くなりに(⊃Д`) 。まあそろそろ引退かなとは思っていたのですが、、何も音楽データを道連れにせんでも、、結構良い感じで弾けたって自信があったのですが、全て吹っ飛びました(笑。忘れないうちに携帯電話の録音機能で一応センテンスだけは弾いておきましたが、、ここ数年ほどで録音した、曲にしていないアイデア、センテンスの部分まで全部綺麗さっぱりふっとびましてw。まあこういうものは一期一会ですんで、、仕方がないと言えば仕方がないかと思うのですが、、、それにしてもここの所、機材の故障が多いっす。この前もメインパソコンの電源がぶっ壊れたみたいで修理に出して漸くかえってきたばかりなのに、、何か祟られてるのかな〜、(笑

それにしても思い起こせば、Pismoは東京で仕事をしている時からずっと使ってきたマシーンでして、このマシーン1台で殆ど全ての事をやってきたので、いろんな思い出が詰まってるんですよね、、まあ家庭の事情で田舎に帰らざるをえないときに、何もかもが嫌になって、全てをリセットしたつもりでも、データだけは残っていた訳でして、、そう言えば2年ほど前に携帯がぶっ壊れてデータが全て吹っ飛んだ時にも、こういうリセットした感覚がありましたが、、今回はそれよりデカイっす。とりあえずハードディスク交換をすれば直るのでしょうけど、内蔵電池ももう作っていないそうでして、これをもってお役ご免ということにしようかと、、

でもここで困ったのが、これからどうやってピアノを録音したもんだか、ということでして、、XPが走るノートパソコンにフリーのMTRソフトでも入れて騙し騙し使うか、それともこの際しっかりしたシステムを組んだ方が良いのか、、ちょっと迷っております。まあ用途はピアノがピンポン録音できて、エフェクトがリアルタイムでかけられるくらいのもので十分なんですが、、こっち方面の事はすっかり疎くなっていまして、、どういうソフトがあるのやら、、、今のCubaseは随分進化したのと同時に、ちょっとオーバースペックかと、、僕の持っているノートでは荷が重いような気がしますし、気軽なMTR感覚で使える丁度良いソフトってないかな〜と、、
posted by mockmoon at 09:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材など