2011年03月03日

八ヶ岳、ミドリ池散策

IMG_0018.jpg
しらびそ小屋より雪を被ったミドリ池と天狗岳を望む 3/2 15:49 5DmarkII&EF17-40mmL 17mm

 八方尾根に行ってきたばかりですが、ここの所微妙に休みがとれたので、続けて山に登ってきました。といってもこの日は泊まりではなく日帰りでしたが、、まあ前々から稲子温泉から登るしらびそ小屋とミドリ池には興味を持っておりまして、第一に通年営業であること、第二に西向きに池と天狗岳を望めること。この二点から、前回の八方尾根で撮影したような夜半過ぎに月が昇るような月齢下では、満天の星空から月の出によって白銀の山が綺麗に浮かび上がる動画を撮影できるのではということで、実際にどれくらい立派な池なのか、また画角がどんなものなのか調査に行ってみたいと思っておりまして、今回はその調査の為の日帰り散策でした。

IMG_0003.jpg
林道の橋の上より 3/2 12:02 5DmarkII

 この日は起きてからすぐに行こうとも思っていなかったので、家を出たのが9時半くらいでしょうか、佐久インターを降りてから暫くすると吹雪いてきまして、天候もあまり期待できないかもと思っていたのですが、リエックスのスキー場あたりからお日様が顔を見せ始め、曇り空に時々晴れ間の覗く写真を撮るにはなかなか良い感じの陽気でした。11時半くらいに稲子温泉上の林道ゲート前の駐車場にクルマ(この日は僕のクルマ1台だけでした)を止め、登山計画書を書いてゲートの近くのボックスに入れ、アイゼン&ストックで歩き始めました。

 途中林道から登山道に入る表示を見落として、林道の深いラッセルをしばらく進んでしまうミスがありましたが、それ程問題もなく1時頃にしらびそ小屋に到着しました。で、今回微妙に役にたったのがiPhone用アプリのやまちずでして、これは国土地理院の地図をダウンロードしてGPS表示と共に使えるiPhone唯一のソフトでして、これのお陰で自分の位置を理解するのに非常に役に立ちましたし、後どれくらいで目的地かを把握できるお陰で、僕のような単独行動の人間にとって非常に精神的に助かりました。もっとも国土地理院に表示されている登山道は古いものらしく、表示とは違った道でした。登山道自体は土砂崩れなどでコロコロかわるものでしょうから、本来は昭文社などの最新地図を持った上で位置把握の為にこのシステムを持つべきでしょう。

IMG_0004.jpg
しらびそ小屋のワンちゃん(きいち君?) 3/2 13:12 5DmarkII

しらびそ小屋は何とも鄙びた良い感じの小屋でして、小屋番さんと二匹のワンちゃんがおりまして、ちょっと昼時を過ぎているので申し訳なかったのですが、手持ちの食料はもしもの為ってのもあるんで、ラーメンを頼んで美味しく昼休みを暖かい小屋の中で取らせて頂きました。お目当てのミドリ池は一番上の写真にある通り、少々手狭ですが、悪くないスポットかと思いました。その後も色々小屋番さんから情報を仕入れ、このまま帰るのも中途半端に時間が余るので、周辺を散策してみようと思い、登山計画書には書いていないので、小屋番さんにこちらに戻る時間を告げて、中山峠方面に歩き出しました。本沢温泉方面に行くという手もあったのですが、時間が許すなら峠まで登ってみたいとちょっと思いまして、小屋を1時40分くらいに出て登山道を歩いていったのですが、次第に新雪が深くなりまして、峠手前の急登で、それまでぼんやりとあったトレース(トレースといっても踏み跡などはもとから無く、新雪が少々くぼみっぽくなっている程度でしたが)もなくなり、ラッセルの深さもくるぶしからスネあたりまでになってしまったのと、跡は急坂で小規模な雪崩でもあったら嫌だな〜という点、それに引き返す時間的な余裕の三点から標高2300m手前あたりで断念して引き返しました。しらびそ小屋に戻ったのが3時半くらいでしょうか。

 その後小屋でりんごジュースなどを頂きながら小休止を取らせてもらい、小屋近くのミドリ池を挟んで稲子岳を望む場所で微速度撮影などをしながら、4時頃に小屋を後にして帰途につきました。帰りは駐車場近くの唐松林で夕暮れ時の微速度撮影などをしつつ、駐車場に戻ったのが5時20分くらいでしょうか、帰りにはゲート前駐車場から小梅方面にちょっと降りた場所にある総合レジャー施設の小梅リゾートシティ・リエックス内の星空の湯という温泉に入ってきました。この温泉、非常に新しく施設内は非常に綺麗で、何しろお湯の効能が凄く良さげな色をしてまして、露天は下界の景色が非常に良く、バスタオル、タオルレンタルも含めて800円とかなりリーズナブルでして、、、しかも夜中の11時(10時半まで受付)まで営業しているという、星撮り人間の自分的にはカナリポイントの高い温泉です。またお風呂上がりには冷蔵庫にあるアイス(シュークリーム系、エスキモー系、後はアイスキャンディ)がただで食べ放題という、何とも素晴らしい施設でして、、本当にここはお薦めです。

shirabiso_map01.jpg

で、今回の行程は、距離11km、高低差740mくらいでしょうか、、詳しくは

http://runkeeper.com/user/mockmoon/activity/27307056

RunKeeperのアクティビティなどを参考いただければ、、といってもこちらのミスで最初の方が入ってませんが(^^
posted by mockmoon at 23:04 | TrackBack(0) | 山行日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43671175
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック