2009年11月23日

初冬の燕岳に登る

DSC_3603s.jpg
日の出前の槍ヶ岳、大天井岳 11/20 6:22 Nikon D3

北アルプスの山々が雪に覆われた写真が撮りたくなり、また燕山荘の営業が11/23までということもあり、体調がすぐれないとは言え、この期を逃したらまた来年まで待たないといかんということで、19日、20日で燕山荘までピストンしてきました。

当日は5時くらいに家を出発、8時頃に駐車場に到着、そのまま登り始めたのですが、中房温泉の登山口から前々日に降った雪がありまして、ここから標高差1200m近く登る間に雪の量が心配されましたが、さすがはメジャーな登山道ということで、トレースもばっちりついて、ラッセル等をすることなく登ることができました。それと日頃のジョギングの成果か、第三ベンチまではすさまじいトルクで登っていったのですが、気温の低い中、力任せで登っていったものですから、最初はモンベルの薄手のライトシェルをTシャツの上に着て登っていたらもう暑くて暑くて、第一ベンチでTシャツのみになり、そのまま第三ベンチまで一気に上り詰めたら、大風が吹いて木の上の雪がドサドサっと落っこってきまして(笑。冷たいの何のって、、そんで第三ベンチからはライトシェルを着直して登ったのですが、徐々に体温を奪われたのか、疲れてきまして、合戦小屋ではかなり大休止をするはめに、、11時40分に小屋に到着して、たっぷり1時間近く休憩したと思います。小屋は風よけができるようになっていまして、ここでジェットボイルでカップラーメンを食べました。

IMG_8057s.jpg
山荘手前にて、有明山と安曇野を望む 11/19 13:57 5DmarkII

合戦小屋からは風も強いため、ライトシェルの上に新たに購入したモンベルのノマドPROのパーカーを着まして、手にもちゃんと手袋をして、そんで去年購入したCAMPのMAGIX10という10本爪のアイゼンを装着。ここからはかなりチンタラ登って行き、歩くこと1時間半くらいでようやく燕山荘に到着しました。

IMG_8065s.jpg
燕岳とレンズ雲 11/19 15:28 5DmarkII

登った当初は非常に夕焼けが期待できそうな雲行きだったのですが、残念ながら夕暮れ時には雲がわきすぎてしまって、きれいな夕焼けを撮影することは出来ませんでした。夕食は鍋にいつもの料理付き飯ということで、非常に豪華だったです。さすが燕山荘。で夕飯を食い終わって星がどうなっているかチェックしようと玄関あたりをうろついていると、なんと同じD3と14−24の組み合わせを持った方がいらっしゃいまして、、話してみれば、僕と同じ微速度撮影で星の映像を撮ってみようとしているみたいで、すっかり意気投合しまして、カメラをセットした後はいろいろとカメラ談義などに花を咲かせたのですが、なんとこの方プロの山岳カメラマンの村田一朗さんでして。家に帰って確認したところ、雑誌のデジタルフォトとか、岳人とかで何度か見覚えのある写真を撮られている方ということで、ちょっとびっくりしました。それと非常に有り難いことに村田さんも僕のことを知っていてくれたみたいで、、プロの方に憶えて頂いているとは、、いやはや有り難い話でして。その夜はカメラのチェックに行くのにも、だいたい村田さんと顔を合わせる機会が多く、いつもは独り寂しくカメラチェックだったのが、何というか心細い思いをせんですんで、良かったです。

DSC0001.jpg
槍ヶ岳と天の川 11/19 19:12 Nikon D3

で、肝心の星空の微速度撮影ですが、、最初にセットしたD3、5Dとも、大ポカをしてしまいまして、D3の方は何を間違ったか、JPEGとRAWで撮影してしまったため、止めに行った時はカードがいっぱい状態で、5Dの方はレンズにストッキングを巻いてカイロをつけた時にピントがずれたのか、ボケボケの絵がとれてしまう始末で、、、あたら貴重な記憶エリアとバッテリーを消耗してしまうはめに。

DSC0000.jpg
燕岳と冬の天の川 11/20 0:21 NikonD3

IMG0001.jpg
燕山荘と星々 11/20 1:15 5DmarkII

その後は気を取り直して設定と撮影場所をかえてD3、5Dを朝方までフル回転させて微速度撮影をしました。特に上の5Dで撮影した山荘と星という構図は前回失敗しているので、どうしても撮りたかった被写体ということで、今回撮影できて本当に良かったです。(とはいっても本当は夏の天の川とセットで撮影したかったのですが、、)

で、撮影した映像の印象ですが、、まだ動画にはしていないのですが、何というか、、いまいちマンネリ感を相変わらず抜け出せないな〜と、、いい加減映像もたまっているので、音楽作って作品を作るべきとは思うのですが、、このごろ貯まる一方でして、、良い曲もできず、中途半端な絵しか撮れずで、どうにもこうにも、、

明け方はこれまた途中まで良い朝焼けがみれるかもしれないという雲行きだったのですが、肝心の日の出に中途半端な焼け方しかせずに、ちょっと肩すかしを食ったような感じでした。

DSC_3599s.jpg
朝焼けの中、遙かに富士を望む 11/20 6:11 NikonD3

朝焼けを適当に撮影していたら、あまりの寒さに手が氷のようになってしまいまして、限界ということで、早々に朝飯を食べに山荘に逃げ帰り、その後はうだうだと8時くらいまで帰り支度に時間をとり、下山しました。正直下山中に大天井岳や槍ヶ岳方面に鱗雲が見える良い感じの天候だったので、朝方の微速度撮影をするべきとも思ったのですが、途中で雪の中に荷物を下ろすのもどうかと思い、結局写真もろくに撮らずそそくさと下山してしまいまして、、今頃ちょっと後悔しています。何というか昔だったらもっともどん欲に被写体をカメラに収めていたような気もするのですが、、どうもこのごろ気持ちが萎えてしまって、、、

蛇足になりますが、下山中は左膝がむちゃくちゃ痛くなってしまいまして、やっぱ1日8キロのジョギングってのはちょっと無理があるのかもしれんです、、
posted by mockmoon at 22:52 | TrackBack(0) | 山行日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33823513
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック