2009年04月05日

霧ヶ峰で天の川と朝日を



http://vimeo.com/4007511 ←元ファイルはこちらからダウンロードできます。

http://www.youtube.com/watch?v=N2fNQppJqXw&fmt=22 ←HD画質



ミニチュア撮影ばかりにかまけていて、5Dのみを使う日々が続いていたのですが、たまにはD3も使ってやらにゃならんということで、先日月齢と天候が非常に良い条件で組み合わさりそうだということで、徹夜覚悟で霧ヶ峰に行ってきました。月齢というのは、前に泉門池で撮影した「月光→暗転→日の出前」という組み合わせで絵を撮ったのですが、いかんせん月光と感じさせる要素が強くなかった点(木立の影が伸びていくシーンとかが無い点)と、暗転した時に天の川がチラっとしか見えない点が気になっていまして、次に撮るときは、これらの要素を満たす絵を撮りたいな〜と思っておりまして、、撮影地の候補も美ヶ原にするべきか、今回の八島ヶ原湿原にするべきか、それかもっと標高を高くして北八ヶ岳の縞枯山近辺という手もあるか、、あるいは新潟の八代の棚田という手もあるか。等々考えていたのですが、一応今回はクルマで最も手軽にいける八島ヶ原湿原での撮影ということにしました。
;:
で、今回は先日前橋にギガオプト(←HPがないみたいなので、場所だけ書いておきます)という天体機器の専門店をネットで見つけまして、ここが非常にマニアック且ついろいろ融通が利きそうな店長さんがおる店で、かねてから欲しかったカメラ用の外部バッテリーのビクセン ポータブル電源SG1000を購入しておったのですが、、



一度1月に使ったのですが、雲の状態が非常に悪く、作品と言えるもんが撮れなかったので、今回初めてこのバッテリーを使用した作品を投稿という運びになりました。通常のバッテリーだと今回のマイナス6度くらいの寒さだと2時間が限度の撮影時間が、約5時間も持たせることができまして、、(カイロなどをバッテリーに入れておけばもうちょっと持ったかもしれません。)、これから長時間の撮影をするときにはガンガン使っていこうかと思います。長時間の撮影が可能になったということで、露光時間も今回13秒と長めにする事が可能になり、ISO4000 F2.8 13秒という余裕をもった条件での撮影となりました。その条件で撮影した画像をAfterEffects上で月光と朝日の部分は手をほとんど加えず、天の川が写っている暗転した時は1フレームずらしの3枚スクリーン合成という事で3倍に増感しています。ここまで増感するとさすがに天の川も綺麗に浮き上がってきますね、、、

IMG_3675s.jpg

八島ヶ原湿原を東南方向に撮影 5Dmark2

で、この撮影中は5Dでいろいろ別の場所に写真を撮りにいったり、天の川の動画を撮影したりしたのですが、、露光時間が短かった為に5Dm2とタムロン17-35という組み合わせで星空を撮影だとD3と14-24の組み合わせに負ける点が多く、今回動画の投稿は見送りということに、、その代わりD3で天の川の撮影をした後、場所を富士見展望台に移動して5Dで八ヶ岳、富士山、中央アルプスの朝景色を撮影したので、そちらと合わせて2作品をまとめて投稿します。まあ何というか非常に短い映像ですが、単品よりは楽しめるかと、、なぜこんな作り方をしたのかといえば、ピアノの曲が元々できていまして、、2分弱のこの曲だと、ちょうど今回撮影した2作品とマッチするということでして、、今回は選曲に迷うことなく、新たに曲を作ることもなく、結構楽に作品をアップできたということでして、、、

しかしな〜、、東京の街をミニチュア撮影した絵が相当たまっていまして、Miniature Tokyoなる題で投稿したいのですが、、こっちの曲が全く作れずで、ちょっと煮詰まってます、、、(笑
posted by mockmoon at 20:01 | TrackBack(0) | 微速度撮影
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28290994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック