2009年01月28日

美ヶ原でリベンジ

DSCF3071.jpg
逆光を浴びる樹木達 S5pro PM16:15

ブログの投稿が前後しましたが、1月26日に美ヶ原を歩いた後、映像を編集してみて、どうにも後悔冷めやらず、結局悔しい思いをした二日後にリベンジをしてきていまして、、しかも納得のいくもんだったかと言えば、、、?な訳でして、、青空と適度な雲を期待していたのですが、ドピーカンでして、ほんとすがすがしい程雲がない空ということで、写真を撮るにはこの日も良かったのですが、動画となると、、、ということで、戦場ヶ原で星を撮って漸くちょっとだけ満足したので、気を取り直してこちらの山行報告も書こうかと、、

.この日は26日よりも遅くに家を出まして、駐車場についたのが1時半くらいでしたか、、外気温は氷点下3度と前よりも大したことなく、ピーカンの中、大体前と同じようなコースで歩きました。で、今回の目的の一つは、王ヶ頭ホテルのお風呂をチェックしておきたいということでして、、13時〜15時の間は一般でも入浴可らしいので、間に合うようにホテルへ行きました。んで、お風呂はというと、、凄いです。山が一望出来過ぎです。というかこの日は極度のピーカンだったので、牛伏山や王ヶ頭から360度全ての山が良く見えまして、東の浅間から秩父連峰と続いて蓼科山から八ヶ岳、そんで富士山を挟んで南アルプス、中央アルプス、乗鞍岳、そんで北アルプスから白馬連峰、妙高、そんで白根山と日本を代表する山々が殆ど見えまして、ちなみに男性の風呂場からは八ヶ岳から北アルプスまで一望でき、凄い風呂場だと思いました。

DSCF3050.jpg DSCF3056.jpg
牛伏山から下りてきた道を振り返る S5pro PM13:32      逆光の木立を S5pro PM13:51

まああまりのピーカンの為、いっそのこと夕暮れ時のマジックアワーまで風呂場で時間を潰してしまえということで、結構な長湯をしまして、4時近くにホテルを出発、夕暮れの動画を撮る場所などを探しそぞろ歩きをしまして、、一番上の写真にあるような木立の場所も良いかとも思ったのですが、夕暮れ時は影になってしまう為変化に乏しかろうということで、もっと平地っぽい場所を色々探した結果、美しの塔の近くにそれなりの構図になりそうな場所があったのでS5proをセットして夕景の撮影を始めました。

DSCF4540.jpg

上は動画から一枚切り出したものですが、、やはり動画にしてみると、雲一つ無い空というのは変化に乏しく面白みにかける嫌いがありまして、、絵としてはそれなりとは思うのですが、何か心に訴えるものがないので、単体での投稿はしないことにしました。ただ40秒も長ったらしく回すとつまらないだけであって、これを5秒の動画とかにしてしまえば、日没の空の色の変化などが心にせまるものもあろうかと思いますので、長編の作品では使ってみようかと思いますが、、、

しかし撮影中は夕暮れ時、美しの塔に身を隠していたとは言え、ぐんぐん強くなる風と寒さで震えまして、とりあえずコーヒーでも沸かして飲もうと思ってESBITでお湯を沸かす挑戦をしてみたのですが、これが何というか、どんなに頑張ってもぬる〜い水程度にしかなりませんでして、、まあ経験不足といいますか、、寒さとこれらの火力の関係を読み間違えたといいますか、、やはり寒い時にはそれなりのギアが必要だな〜と痛感しました。(で、これが戦場ヶ原で使ったJETBOIL購入の引き金になるんですが、、)で、日没後しばらくは粘ったのですが、さすがにキツクなり始めた時、カメラのメモリーもフルになりまして、そそくさと荷物をまとめてクルマへ退散しました。

クルマに戻った後は暫く身体を暖める為に休みまして、その後はD3に14-24mmを付けて星撮影用のカメラだけもって、再び美しの塔まで歩いて行きました。で、目的は美しの塔をアクセントにした星景動画の撮影でして、、暗闇に風がぼーぼー吹く中、無我夢中でカメラをセットして、そんで再びクルマに帰って休む事1時間ほど、再びセットしたカメラを回収しに美しの塔へ、、しかしこの往復が結構こたえまして、山本小屋の駐車場に停められればもっと楽に回収に行けたのですが、泊まる訳でもないのに、小屋近くに止めるのも気が引けまして、ずっと手前の一般駐車場から約800m程ありまして、なかなか億劫でした。で、帰ってクルマで画像を確認してちょっとがっかりしまして、、第一に構図がイマイチだったことで、、何しろカメラセットの際は強風の中無我夢中で、低めにカメラをセットしたのですが、これが仇になって美しの塔を入れた構図が決まっていなかった点。そして第二に僕がカメラを向けた方角は非常にシーイングが悪く、星があまり写っていなかったということで、、

DSC_1846.jpg

結局駐車場近くの牛伏山中腹で、再び撮影をしました。で粘る事約1時間半ほどで、カメラを止めてそのまま撤収しました。で、家に帰って撮れた星景動画の映像二つを確認してみたのですが、、何というか両方ともパッとしないと言いますか、、変化に乏しい動画ということで、今回はこれも投稿を見送ろうかと、、まあ曲を付けるのが面倒ですし、、心にせまる絵であれば、自然と曲が頭に沸いてくるもんで、、そういうもんが沸かないということは、発表もせんほうが良いでしょうし、、、しかし二度目のチャレンジも不発に終わった訳ですが、、もう何度かチャレンジしてみたいです。天気さえ思い通りであれば、最高の絵が撮れる場所だと思いますので、、、
posted by mockmoon at 20:20 | TrackBack(0) | 山行日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26464859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック