2008年10月29日

晩秋の四阿山と根子岳に登る

DSCF8225.jpg
四阿山山頂より根子岳方面を AM10:50 S5pro

大天井岳に行って以来、山登りが全く出来ない状態が続いておりまして。まあ午後の暇な時にクルマをすっ飛ばして近くの山には行って、微速度撮影等々しておったのですが、、何というか、ピアノを弾く気にならず、すっかり停滞しておりしまして、、、ブログの方も蜘蛛の巣がはっている状態になりそうで、、またすっかり身体もメタボ状態に戻ってしまい、こんな事ではいかんということで日帰りで、四阿山に行って来ました。どうしてこの山を選んだのかといいますと、、単に高低差1000m前後で手頃な山がないかということ、それともう11月も近いので、2500m以上の山はやめておいた方が良いけど、それでも高い山に登りたいな〜、みたいな感じで、2350mと非常に手頃で、しかも景色も悪くないということで行ってきましたです。今回の持ち物は日帰りですので、いつもの装備にテント、シュラフを抜いたもんに、晩秋の山ということで、ユニクロで買った裏フリースリバーシブルパーカーを持っていきました。もっと軽くしても良いんですが、ザックの関係と後はダイエットも兼ねているということで、、

で、朝の6時頃家を出て、上信越道をひた走り、上田・菅平ICで降りて上田のマックで飯を食い、菅平牧場に着いたのが8時ちょっとすぎでしょうか、登山口(標高1590m)で登山カードを入れていざ出発。しばらく歩いてから携帯をクルマに置いてきているのに気づき、結局クルマに戻ってということで、結局出発は8時25分くらいになったでしょうか、、しばらくは菅平牧場の舗装された道路を歩き、途中から牧場に沿うように緩やかな坂を上っていきます。しばらくは緩やかな、あるいは平坦な道を歩き20分ほどで小四阿の取り付きに、そこからは少々道が急になり小四阿までの登りになります。やはり久しぶりの山ですんで、なかなかペースがあがらず、涼しい(というか一般人からすれば寒いレベルかも)風が吹いているのに大汗をかいてヒーヒー言いながら登ったのですが、、大天井岳に登った時に持っていったジップアップパーカーを着ていたのですが、もう暑くて暑くて、結局いつものTシャツ姿に、気温は6度とかなのに、陽射しが強くて、無茶苦茶暑かったです。

DSCF8204.jpg    DSCF8219.jpg
小四阿の取り付きまでの林道 AM8:37 S5pro        小四阿付近から唐松を AM9:57 S5pro


まあTシャツになってからは少々ペースがつかめたようで、晩秋なのに、夏と変わらない登り方でえっちらおっちら登っていきました。(というか病気ですかね、、他の登山客でTシャツで登っている人はおらんかったですし、、)

で、標高1850mあたりからでしょうか、段々と木が少なくなってきて周囲の眺望もきくようになったのですが、肝心の四阿山本体が仲々見えてこないんですね、、小四阿までいかないことにはこれから登る四阿山の展望はないんです。

DSCF8212.jpg
小四阿にて AM9:24 S5pro

小四阿(標高1917m)までくると漸く四阿山の本体が見え、展望もぐっと良くなります。ここにきてペースも上がってきて、そのまま休まず、中四阿(2106m)までは殆ど苦もなく登れました。中四阿までくると、眼前には四阿の大きな崖があり、右に迂回しながら山を登るようになっています。道は深い熊笹で覆われ、森林限界を超えたと思ったのですが、何故か山頂まで針葉樹林が続いています。しばらく登ると、今まで登ってきた小四阿、中四阿が一望できる場所があり、そこで一枚写真を撮りきびすを返して最後の直登を一気に駆け上がりました。

DSCF8223.jpg
四阿山中腹から、小四阿、中四阿を振り返る AM10:12 S5pro

暫く登るとあずまや温泉からの登山道と合流し、そして根子岳への分岐があり、そこからはやや緩やかな道を巻くように歩くと木道が見え四阿山山頂がすぐ近くに見えます。木道までたどり着くと鳥居峠からの合流があり、木道をしばらく登って、さらに少々ガレた登りを少し登ると山頂に到着です。

DSCF8224.jpg
四阿山山頂と祠 AM10:48 S5pro

山頂には数人の人が思い思いに休んでおりまして、ここで始めて人に会いました。熊が出るという話を聞いていたので、人の姿を見てちょっとほっとしました。で、山頂から根子岳を望むと、非常に雲が良い感じだったので微速度撮影をしようと思って三脚をセットしはじめたのですが、背の低い木々が邪魔をしてしまって、どうにも良い場所がなく、東側の展望は素晴らしく、この日は富士山まで見渡すことができる上天気だったのですが、東と東南は逆光気味になってしまうし、北側は主立った山はなく、やはり根子岳と稜線から沸き立つ雲の微速度撮影をしたいということで、荷物をまとめて山頂を後にして、中腹で良い場所はないかと、根子岳方面にいった所、大スキマへ降りる樹林帯の急坂の降り始めに仲々展望の良い場所を見つけ、ここで暫く微速度撮影をしました。

DSC_7460.jpg
四阿山中腹より根子岳稜線に沸き立つ雲を見る AM11:20 D3

その後、樹林帯の急坂を降りたのですが、これが木の根や石が朝露に濡れて滑りやすく、エラク往生しました。高低差で役200mの薄暗い針葉樹林帯の急坂を降りると、一気に当たりが開けて、この四阿山と根子岳の名物といっても良い景勝である大スキマに着きます。ここの景観というのは、非常に壮大で、広大な斜面に熊笹がびっしり生え、そして非常に良い間隔で杉が立っていると、何というか日本じゃあないような景色です。

DSC_8365.jpg    DSC_8991.jpg
大スキマより根子岳を望む PM12:15 D3       根子岳山頂付近の岩場より唐松の点在する下界を望む PM13:16 D3

大スキマでも結構長時間、微速度撮影をしまして、その後根子岳を登り始めたのですが、徐々に天候が怪しくなってきまして、根子岳山頂近くの岩場から大スキマを見下ろして写真を撮ろうとしたら、一気に曇天になってしまい、ここで日の光を待つべきか否か、思案したのですが、まあ時間もあるし気長にここは待ってみようかということで、1時間ばかり粘ってみました。すると上田方面で光芒が見え始めて、これは良い感じでこちらにも光がやってくるとじっと粘っていたのですが、結局思い通りの光は来てくれなかったっす。(泣 

そんなこんなで三脚立てながら粘っている間に、根子山方面から単独の方が一人いらっしゃって、色々談笑していたのですが、そうこうするうちに天候がどんどん悪化してきまして、そんな時に限ってこちらはラーメンを作っている最中だったりして、生煮えのラーメンをかっこんで、急いで帰途についたのですが、根子岳山頂に行くまでに、チラチラと降り始めた風花が、さらさらとした雪に変わりまして(笑 急いでザックカバーをし、雨具の上だけ着て、根子岳を下山しました。熊笹に霙状の雪が当たる音が何とも風情があったのですが、、まあ例によって膝に来まして、結構キツイ下山でした。とはいえ大天井岳などと比較すれば全然楽でしたけど、

しかし何というか、随分派手に濡れてしまいまして、特にスパッツを持参したのに使わなかったせいで、パンツの靴近くが真っ黒になってしまい、、こういうときはスパッツした方が良いですね、、今後の教訓にしようかと、、しかし生粋の暑がりのせいか、結局新たに購入したユニクロのリバーシブルパーカーは使わずじまいでした、、クルマに着くまであんなに雪を浴びているのに、薄手のパーカーに雨具を重ね着して暑いこと暑いこと、、手袋も薄手ので十分でした。肉布団が燃焼しているからなのか、、それにしても燃焼効率は非常に悪そうな気が、、、

で、クルマに帰ってきて一休みすると、今度は暖房がついているのに寒くなりまして、、早速いつもいっている田代湖近くの温泉に行ったのですが、あいにく休みで、久々に湯の丸高原に登る途中にある紅葉館に行ってみました。この温泉、設備という点では、非常に古くて、脱衣所に洗面台もない寒〜い脱衣所で、アメニティグッズなんてシロモノは全くない温泉なんですが、、お湯が凄いです。ここのお湯は草津や野沢などとは全く違う質ですが、違っていても同じくらいの格があるのではないかと勝手に思ってます。それと熱いお湯ってのが凄く気に入っておりまして、、ここで心ゆくまでほっかほっかになることができたっす。本当によかった開いてて、、

最後に今回のコースとコースタイムなどを書いておきます。

azumaya_map.jpg

コースタイム

2008年10月29日 晴れのち雪
距離 9.3km 
累積標高(登り)952m 累積標高(下り)−952m

8:25菅平牧場駐車場(1590m) → 9:25小四阿(1917m) → 10:00中四阿(2106m) → 10:45四阿山山頂(2354m)着 11:00同発 → 11:10四阿山中腹(2270m) 写真撮影 11:40同発 → 12:10大スキマ(2039m) 写真撮影 12:40同発 → 13:05根子岳中腹岩場 写真撮影 昼食 14:00同発 → 14:10根子岳山頂(2207m) → 15:30菅平牧場駐車場
posted by mockmoon at 22:35| Comment(11) | TrackBack(0) | 山行日記
この記事へのコメント
おー!更新されてる!!
お帰りなさい(笑)。首を長くして待ってました。ピアノが聴けないのが残念ですけれど。
ちょびさんのこちらのサイトを拝見するようになってから、私も山に登ってみたくなりました。
また来ます♪
Posted by ひゃっほい at 2008年10月29日 22:56
こんばんは

なかなかよい感じの山ですね。
最近?天気が悪くて私も山にご無沙汰な気分です。。。
Posted by しょ at 2008年10月30日 20:46
ひゃっほいさんこんばんわ〜。山登り良いですよ〜。心地よい運動で、食欲増進で、しかも良く眠れるようになりますし、見たことのない景色が見れるってのは感動です。遭難さえしなければ良い事づくめです。

しょさんいつもありがとうございますです、、僕も久々の山でしたよ、、寒くなると、個人的には身体を動かすのが億劫になるんですよね〜、、でも今年はしょさんを見習って、昔ちょっとばかしかじったスキーでももう一度始めてみようかと、、
Posted by ちょび at 2008年10月30日 22:25
久しぶりの更新ですね
山登り結構私にはハードそう(笑)

ところで撮影中は何をされてるんですか?
結構時間あると思うんですけど…
Posted by SHO at 2008年10月30日 23:22
初めまして。

ここのサイトを見つけてからはだいぶ時間がたっているのですが、コメントをするのは初めてです(笑)

今回は山ですか、動画撮影は大変そうですがこれからも頑張ってください(笑)
Posted by hiro at 2008年11月01日 11:12
SHOさんこんばんわ〜。
撮影中は結構カメラが気になって、良くカメラの横に立って景色を見てますね〜、、まあ昼間の撮影の場合は10分から20分程度ですんで、あっという間です。星の撮影とかだとさすがにテントで一眠りしたり、クルマの中に帰って携帯ゲームをやっていたりって感じで時間を潰してます。でもこの間戦場ヶ原で星の動画撮影をした時は、サブのカメラで写真を撮ったり、夕飯を作って食べたり、カメラの近くにいましたが、、まあ色々ですね、、

hiroさんこんばんわ。コメントありがとうございます。これからもよろしくです。
Posted by ちょび at 2008年11月03日 20:12
こんばんは。
youtubeでnature time lapse 2を拝見し、こちらに来ました。
偶然見つけた動画でした。
いや、ほんと感動しました。
あれはデジ一眼で製作したものなのですか?
凄い。
また、ピアノが最高です。
ご自分で演奏をしたものなのですか?
驚きでした。
自分もこんなの作れたらなあ、なんて思いました。


Posted by ko at 2008年11月03日 22:24
koさんこんばんわ。
コメントありがとうございます。
仰るとおりデジ一眼で撮影、自分で演奏したものです。本当に更新の頻度は少ないですし、レス返すのも遅いですが、また気が向いたら遊びにきていただければ、、
Posted by ちょび at 2008年11月07日 23:12
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
Posted by フェラガモ バッグ at 2013年04月16日 05:51
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。
Posted by ミュウミュウ バッグ at 2013年04月30日 09:23
カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
Posted by シャネル バッグ at 2013年07月03日 16:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22087485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック