2008年09月19日

稜線に湧く雲 於 大天井岳中腹より

DSCF0847.jpg
*画像をクリックすると動画が再生されます。右クリックでダウンロードしても良いです。aviをdivに書き換えて、divXのプレーヤーで再生しても大丈夫だと思います。高解像度ですので、ある程度のスペックがなければ再生できないかもしれません。うちのCeleron 2Ghzでかろうじて再生できます。

画像を拡大する

■映像情報 DivX 1280*720 29.97f 22MB 35sec

■撮影情報 ISO100 F4.5 1/1500sec 2sec interval

■撮影機材 Fujifilm S5pro / Tokina 11-16mmF2.8 (AT-X116PRO DX)

■撮影場所 大天井岳



大天井岳の第二弾は朝日を撮った前日、大天井岳を登っている途中に撮ったものです。冷えた西風によって稜線の西側には雲がなく、西風が遮られる東側は太陽の光で気温が急激に上がり上昇気流をつくって稜線の上を越えて急激に冷やされて雲になって西に飛ばされる。そんな光景を目撃した訳ですが。素晴らしい景観でした。

ピアノは前日に朝日のものの続きという感じで作りました。これらを繋げて短めの曲にしてみようかと思ってます。
posted by mockmoon at 23:12 | TrackBack(0) | 微速度撮影
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19683546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック