2008年09月18日

D90が来たので早速試し撮りを

4960759126283.jpg

発売日前だと言うのにキタムラから電話がありまして、今日の午後に取ってきました。で今日は夕方から仕事だったので、今イジリ始めているのですが、何というかS5proに慣れた手には小さいっす。でも持ちやすく、良い感じの作りです。

で、早速うちのヌコをモデルにお楽しみのムービーを撮ってみました。

DSC_0001 (0-00-02-23).jpg
※画像をクリックするとDivXのaviファイルが再生されます。

画像を拡大する。

MotionJPEG自体ちょっと重いのでDivXに変換しました。1280×720のJPEG切り出し画像は「画像を拡大する」をクリックすると見れます。
(先日までイコライジング処理をした動画を載せておりましたが、とりあえず素の絵の方がこの機種の動画の能力を良く判断できると考えて、素の動画をDivXに圧縮しただけのものにしました。で、してみて思ったのですが、、そんなにチラツキはなかったっす、_| ̄|○、寝惚け眼で作っていたからそう見えたのかな〜、、若干露出の変化はしているみたいですが、、、)

(更に追記 露出変更による動画のチラツキについて。今2chを読んでいたらAE-Lの設定メニューでロックボタンをホールドにすればロックボタンを押し続けなくても一度押せばAEは固定されるとのこと、早速試して万事解決しました。これでチラツキ解消です。素晴らしい。)

まあ感想としては、う〜ん、JPEGの圧縮率が高いせいか、又は暗い場所での試し撮りだった為に感度が相当高かったのか、どうも720pの解像をしていないように感じるんですよね〜。昼間に景色などを撮影してみてこの辺は最終判断を下したい所かと。それとCMOS特有の歪みがブレや激しい動きで出ます。まあこれは仕方がないことかと思いますが、AfterEffect内で見ると、それがまあ顕著でして(笑 普通に映像になっちゃうと気にならない所も、静止画をパラパラ漫画風に見ていくと結構凄いです。

とはいえ、動画を撮る面白さという意味では非常に遊びがいがあると言いますか、イジリ倒したくなる欲望にかられるといいますか。何というかクリエイティビティを刺激する事は確かです。もうちょっとイジリ倒してからしっかりレビューを書いていこうかと、、

で、次に高感度撮影の試し撮りを、、、まずは静止画で高感度を全てL JPEG FINEで撮影そのまま貼り付けです。高感度ノイズ低減はノーマルです。

DSC_0001.JPG
D90 35mmF2D F3.5 1/80sec ISO3200

DSC_0002.JPG
D90 35mmF2D F2.2 1/50sec ISO1600

DSC_0003.JPG
D90 35mmF2D F2.0 1/40sec ISO800

やはりCMOSの特徴といいますか、縮小表示であればISO3200であっても決定的な破綻はないです。但し1200万画素の解像度はないですね。明部や暗部での違いもありますが、少なくともうちのネコの毛の部分のピンを見る限り400万画素くらいの解像度と言った所でしょうか。ISO800まで落としせば非常に良い感じで解像します。もちろんD80と比較すれば素晴らしく良くなっている事は間違いないです。D3使いとしては、、、まあ今度しっかりと比較をしてみるのも面白いかもしれません。
とりあえず、今日はこんな感じでしょうか、、明日以降にもっと時間をかけて調べてみようかと。
posted by mockmoon at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 機材など
この記事へのコメント
おぉ、D90がきましたね。おめでとうございます。

D300とCMOSが同じなのでどんな画が出るのかと思っていたら、35mmで猫撮りなんて、私にとって一番わかりやすい例ですw

高感度が強いとは言いますが、猫の毛のディティールを鑑みると私の実感としてはカラーではISO400までだなぁと思っています。それ以上になるとつぶれますね。
色についても、感度を上げるとにごる印象があります。

ただ、不思議な点があって、モノクロだと感度を上げても解像度が比較的保たれる印象もあります。

ちょびさんの実感レポートをそのうちお伺いしたいです。
Posted by しょ at 2008年09月18日 23:44
はじめまして。Yahoo!ブログの頃から拝見させて頂いておりました。
インターバル撮影の映像、根気強さ、行動力にただただ感動するばかりです!!

早速D90ですね!いやぁ凄い良くボケますねwww
私は長年趣味で映像制作をやっておりまして、フィルム映画やPVのような被写界深度の浅い映像を撮る事が夢でありました。。。
ビデオカメラでもなるべくボケ味が綺麗な上位機を選んだりしてたんですけどね、D90の底力見ちゃうと限界を感じました(笑

これからも癒していって下さいv
Posted by kotochan at 2008年09月19日 18:34
しょさんコメントありがとうございます〜。そうそうD200とD80の関係のようにD300とほぼ同じCMOSでしょうから、しょさんはもう随分使い込んでいますもんね。モノクロだとっていうアドバイスはありがたいです。今度試してみますね。僕の方は今度D3との比較などをしてみようかと思います。

kotochanさん初めまして〜。長らくブログ見てくださいまして、本当にありがとうです〜。
>D90
いや〜。細かい所は確かに気になるんですが、、本当にこれで動画を撮るのが凄く楽しいです。CMOSのブレ歪み、高い圧縮率、動画用に設計されていない事での使いにくさ、等々の問題に関しては、その楽しみを考えれば結構些細な事かもしれんです。D3でライブビューなんて殆ど使いませんが、D90の動画は本当にイジリ倒したくなります。被写界深度の浅さ、様々なレンズバリエーション。凄く楽しいっす。
Posted by ちょび at 2008年09月19日 20:14
案外800でもいけるかもです。

環境ですこし写りの見た目が変わるみたいです。
使いこなすのはムズカシいです。
Posted by しょ at 2008年09月19日 20:18
しょさん速レスありがとうございます。ただしょさんが言っているISO400というのは自分の中で随分納得している部分でもあるんですよ。何故ならばISO400まではニコンはNRをかけず、ISO800からNRがオフでも若干弱いNRをかけているという説がありますし、同時にノーマルNRであればISO800から普通にかかってきますから、、

http://www.dpreview.com/reviews/nikond300/page18.asp
参照

そういう意味では真の解像度というのはISO400までということで、後はNRをオフにしてどうなるかということ、もちろんNRをかけても破綻しない絵もある訳ですから、ISO800以降はNRの性質を良く読みとった上での使い方になるかと思います。
Posted by ちょび at 2008年09月19日 20:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19623212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック