2008年09月17日

新しい録音環境

先日pismo死亡の記事に書いたように、ピアノの新しい録音環境構築を模索しておったのですが、とりあえず家にある余ったノートPCを再利用しようかと、、

interlink.jpg


で、数年前に事務の為に購入したVictorのInterlinkが丁度余っているのですが、、、石はMobile PentiumIIIの833MhzにRAMは512MBと、とてもじゃないけど昨今のCubase等のDAWソフトは動かないスペックでして、、とはいえPismoのG3 400Mhzより全然速いはずな訳でして、、フリーの軽いソフトを使えばどうにかなるのではないかと考えまして、このノートに付けるべく新たにUSB対応のオーディオ・インターフェイスを購入してみました。

UA-1EX.jpg


買ったのはローランドのUA-1EXでして、9800円くらいだったでしょうか、、とりあえず、このインターフェイスとフリーのサウンドエディタであるAudacityという構成で試してみたところ、これが結構快適に使えるじゃないですか、、まあリアルタイムでエフェクトというのはちょっと厳しいみたいですが(というかやり方がイマイチわからんです)、ピアノの録音だけならば、普通に今まで通りできますんで、ちょっとこれを使っていこうかと、、

それにPismoから乗り換えて良い事も実はありまして、、何かというと、昔のCubaseはマシンパワーを全開で消費する為、ネットワーク等の設定を切りにして完全なスタンドアローンでなければ録音できなかったので、曲を作ったらCFに記憶してデータを動画編集のPCに持ってくるということをしていた訳なんですが、今回からはそういう枷もなくなりまして、、直接ネットワークHDに流し込めるので、この辺の受け渡しは非常に楽になったし、Pismoのようにパソがぶっ壊れてもデータは問題ないということで、、精神衛生上もヨロシイかと、、、
posted by mockmoon at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19512437
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック