2008年07月10日

赤城山 黒檜岳へ登る

DSCF9609s.jpg
帰路 高台より大沼の赤城神社を望む PM15:06 S5pro

梅雨が仲々あけず、連日ジメジメした日が続いている訳なんですが、、何というか運動不足になりそうで、仕事もないので、今日は久しぶりに運動もかねて山登りに行ってきました。場所は赤城山でして、今年になってから何度目でしょうか、4〜5回は来ていると思います。そのたびに地蔵岳へ登ってみたり、駒ヶ岳に登ってみたりと色々でして、黒檜岳にも一度駒ヶ岳経由で登っています。で今日は天気も悪く、単に運動ということで、沼田方面へ行く道と大沼を周遊する道路のT字路近くの登山道から黒檜岳を直登して直帰してみようということで行ってきました。
実はこのコース、今年一度夕方から登り始めた事がありまして、その時は頂上まで約200mの地点で断念して戻ってきており、今回はそのリベンジもかねてというヤツです。で、トレーニングも兼ねてということなので、この前の北八ヶ岳に行った時の装備から、テント、シュラフ、マットのみを抜き、かわりにツェルト、タープを入れて結構なフル装備を担いで登ってみました。全く使うつもりのないD3も前回つけておいた35mmF2Dからタムロンの28-300VCに変更して他のレンズは同じでもっていきました。

で、まあ北横岳を登った勢いで登れば楽勝と考えていたのですが、、どうしてどうして、身体がなまったのが、かなりきつかったです。もちろん北横岳よりも急登で、岩場が多い点が、苦戦の原因だったかと、、とはいえ装備が違うとはいえ、一度は白毛門を登っているので、それから考えるとやはり退化してしまったのか、なかなかペースがつかめなかったです。

とはいえ一応コースタイムの1時間10分ほどで頂上に着き、なんも見えない雲の中、小休止をして、ストーブでコーヒーでも作ったもんだか考えたのですが、雨が降ってきそうだったので、早々に引き上げました。

DSCF9587s.jpg
岩場より大沼を望む PM14:19 S5pro

で、帰りは行きより楽かと思っていたのですが、、ここに来て膝が痛くなりまして、しかも急な下り、岩場で、靴が上手くフィットせず、かなりの苦戦を強いられました。急な下りってのは本当に降りるのが億劫ですね、、ザックの荷物の重さによって膝にかかる負荷が大きくなりますし。

それでも気を取り直して、とぼとぼと降りていくと、周囲の樹林帯にガスが掛かってきて、何とも幻想的な感じにだったです。

DSCF9589s.jpg
樹林帯で見つけた枯れ枝 PM14:22 S5pro

ようやく降りきった時は膝が笑っていました。う〜ん、白毛門の時はこの2倍を登り、2倍を降りてきたのにな〜、、、

route1.jpg

今回の山行では距離たったの2.5km、高低差445mでした。もうちょっとがんばらないと、、、

で、今回もちょっと遠回りになりますが、赤城ICの先17号沿いの永井食堂へ、日本一旨いモツ煮を食べに行ってきました。まあ今回の山行、秩父の武甲山と黒檜岳と迷ったのですが、やはり山行の後のモツ煮という誘惑には勝てずに黒檜をチョイスしましたです。しかしこの店のモツ煮は本当に安くて旨いですよね。皆さんもお試しあれ。
posted by mockmoon at 22:08 | TrackBack(0) | 山行日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16820975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック