2008年07月04日

双子池で天の川を

DSC 3 (0-00-23-04).jpg
*画像をクリックすると動画が再生されます。右クリックでダウンロードしても良いです。aviをdivに書き換えて、divXのプレーヤーで再生しても大丈夫だと思います。高解像度ですので、ある程度のスペックがなければ再生できないかもしれません。うちのCeleron 2Ghzでかろうじて再生できます。

画像を拡大する


■映像情報 DivX 1280*720 29.97f 24MB 45sec

■撮影情報 ISO6400 F2.8 6sec 6sec interval

■撮影機材 D3 / Nikon14-24mmF2.8

■撮影場所 北八ヶ岳 双子池



一応双子池での天の川の動画が完成したので貼ってみます。今回は完成した映像を見ていたら曲が頭に浮かびまして、それ程苦労はなかったです。ただ、、何というか、ピアノもっと上手くならんといかんですね、、、ちなみに映像化に当たっての技術的な話は続きで、、

といっても、今回も雪の弓池の映像と殆ど同じ方式でAfterEffect内の処理はしました。元絵にエコーでスクリーン合成0.8減衰の5枚、これで空は約ISO20000分くらいの明るさになります。水面と地面に関してはこの生成されたISO20000分の明るい画像をさらいにスクリーンで1フレームずつズラしながら3倍重ねにしています。ただここまで増感すると、バンドノイズっぽいものが浮いてしまうので、2枚目と3枚目はそれぞれ微妙にぼかし量を変えながらガウスぼかしの処理をしています。池に写り込む星々をテーマにしていますので、ちょっと無理をしました。それと気温が高くなってきた為に熱ノイズと思われるノイズもだいぶ散見されるようになってきたかと、、今回はダークを撮らなかったですが、次回からはダークを撮った方が良いかもしれません。以上の処理で約500枚の画像を、時間伸縮で1350枚、45秒の映像に伸張しています。
posted by mockmoon at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 微速度撮影
この記事へのコメント
こんばんわ^^
遊びに来ました。
今回の動画もすばらしい出来ですね〜^^
良い位置に流れ星が入っていて、ドラマチックです♪
Posted by Gray at 2008年07月05日 22:17
Grayさんお褒め頂きありがとうございます。ちなみに動画の間で流れ星っぽく見えるもんって全て飛行機の光跡なんです。6秒間隔のインターバル撮影で撮った画像を3倍に引き延ばしているので、事実上2秒間隔のインターバル撮影と考えると、普通の映像と比較するなら60倍速ということですんで、飛行機もあっという間に流れるんですね。それと画像処理の段階で30秒露光くらいの増感をしているため光跡の長さはかなり長めになるんです。だから飛行機の光跡なんかは凄く目立ちます。
まあ技術的な話になると、言葉足らずで、ちょっと説明しずらいんですけど、、また気が向いたら遊びにきてくださいです。
Posted by ちょび at 2008年07月06日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16636736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック