2007年06月17日

マチガ沢

DSCF0952edit.jpg

上記の画像を拡大表示する

■映像ファイル1280*720 30f 14MB 20sec

■使用機器 Fujifilm S5pro

■撮影場所 水上町 谷川岳 マチガ沢


これはつい先日の作品です。S5proを購入してまもなくのもので、テスト撮影もかねたものです。Fujifilmのカメラは絞り優先にした場合シャッタースピードの自由度が非常に高く、1/117秒とか端数までキチンと測光してシャッターを切ってくれるため、一連の映像にした場合非常に安定します。同時にAEの安定性、DRの広さから、映像にした場合の破綻の少なさは群を抜いているのではないでしょうか。雲の多いこのような絵では、D80やD70では恐らく白トビをおそれて、EVを低めに設定して撮影しなければなりませんでした。その為AfterEffectに入れてから画像をレタッチして暗部を立ち上げたりすると、すぐに破綻をきたす場合がありましたが、DR400%が使えるS5proではそのような心配は皆無です。またこれまでは、ND400を使ってシャッタースピードを押さえて、連写することで一連の映像を作っていましたが、S5proではD2xやD200用の10pinのレリーズが使える為、インターバルタイマーを使った撮影に切り替えたのも良い結果に繋がっています。
posted by mockmoon at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 微速度撮影
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16213013
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック