2011年09月27日

デジタルデバイスの未来3

これまたつらつらと時間をかけて訳のわからん文章を書いてしまいました。デジタルでバイスの未来という題名からかけ離れたないようですが、第三章です。

■デジタルデバイスの未来3 -マスメディアとその後-

マスメディアという言葉の定義は本来、テレビやラジオ、新聞等を意味するのであろうが、もっと大きな流れで見た場合、特に文字を使ったメディアで考えれば長久の歴史を持つ。過去まで遡って情報の複製技術というものを考えた時、思い浮かぶものは木版印刷であろう。これがいつ発明されたかは定かではないが、法隆寺の百万塔陀羅尼などは遠く奈良時代まで遡り、また当然大陸においてはそれよりも更に昔より存在したものであると考えられる。木版印刷によって大量に刷られた文章はいったい何であったかを考えれば、それは教典である。余談ではあるが、欧州でグーテンベルクの印刷機がこの世に現れるまでは、東アジアの情報量は欧州のそれを凌駕していた。それは木版印刷(一部では活版もあったそうだ)による大量の書物の印刷であり、欧州において牧師達が羊皮紙に筆記によって聖書の写本を作っていたよりも遙かに効率的な情報複製手段が当時の東アジアには存在していた。その後欧州では活版印刷の登場により、また活版印刷と親和性のあるアルファベットという表音文字を使用していた事により活版に不向きな表意文字で停滞を余儀なくされた東アジアをしのぐ情報爆発が起こった。大文字含めてわずか100種類の文字を操るだけで、あらゆる文章を大量に印刷できる版盤ができる点に欧州における印刷のアドバンテージがあったのだろう。プロトコルの単純化は情報流通の汎用性を大いに高める結果になることは、現在の0と1のみのデジタル技術がよく表しているとも言える。
続きを読む
posted by mockmoon at 11:15| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月16日

Black Blue White -Hakuba Time Lapse-





Black Blue White -Hakuba Time Lapse Theme- by mockmoon2000

FULL HD Movie Download HERE!! : http://vimeo.com/29147982

Location : Mt.Karamatsu & etc Nagano Japan
Date : 2011/2/24-25 : 2011/5/24-25 : 2011/7/21-22
Equipment : Nikon D3 & Canon 5DmarkII / Nikkor 14-24mmF2.8G, 24mmF1.4, EF-L17-40mmF4


今回はそれほど間をおかずに微速度作品をアップします。八方尾根、唐松岳や白馬大池等々、白馬の山々には今年に入ってから何度か足を運んだにも関わらず、全く映像にできておらず、悶々としておったのですが、これで全部吐き出すことができてある意味すっきりと申しますか。なんと言うか曲の制作で、去年くらいまでならば、ある程度まともに作ったのでしょうが、このごろ崩して弾く事がすっかり癖になりまして、というかちゃんと弾くとリズムがとれず、どうしても録音で気に入らなくなるような感じでして、、まあこうやって崩して弾く事が聴き手側にとって心地のよいものになるのかどうかはさっぱり分かりませんが、そんなこと、こちらは最早どうでもよく、自分にとってある程度気持ちのよいリズムで弾いているという感覚でしょうか。
posted by mockmoon at 23:14| Comment(15) | TrackBack(0) | 微速度撮影

2011年09月15日

デジタルデバイスの未来 1〜2

Facebookのノートを使ってつらつら書き連ねた文章がありまして、、ただFacebookで書いてもFacebookやっていない人だと見れないみたいで(しかもfacebookのページはこちらからリンクも張ってませんし(^^、、、)、、原発関係の文章もFacebookだけだと見れないので、 http://genpatsu.sblo.jp というブログを新たに立ち上げてそちらに書いたりなんかしたりしまして、、まあこちらのブログに原発関係の話を書いても趣旨が違うのでブログを別にしたのですが、、「デジタルデバイスの未来」なる駄文に関してはこちらに投稿してみようかと、、一応、1〜2までは一気に書いたのですが、それ以降は、結構話がでかくなり止まっておりまして、、追々投稿しようかと、、まあ暇な方は読んでいただければ(^^

デジタルデバイスの未来1

-現在究極に近づきつつあるハード的なデバイスの進化-

近年facebookやyoutubeなどに代表されるサイトの出現はかつて夢見られたネット社会の最終形態を今現在世界が迎えようとしている事を意味している。というのも、恐らくネットワークトラフィックにおいて、あるいはCPUの処理速度において一般的に使われる最も能力を必要とするものは動画の送受信、編集やエンコード等であり、それがほぼ単独で可能になったスマートフォンの登場は文章、音、画像、映像といったメディアを全て自由に受信、視聴、録音、撮影、編集、送信できる環境を備えるに至っていると言える訳で、これはアランケイの提唱したダイナブックが漸く一般の人々の手の中に収まった時代になったといえる。続きを読む
posted by mockmoon at 22:29| Comment(51) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月01日

kesller Pocket Dolly & elektraDRIVE BASIC Controller を使って新潟県十日町の美人林と棚田を





Vimeo Adress -WMV 1080p Full HD MOVIE download HERE!!-

Tohkamachi Nigata TimeLapse Theme by mockmoon2000

Location : Bijin Bayashi 美人林 Tohge Rice Terraces 峠の棚田 Tohkamachi Nigata
Date : 2008/04/18(Spring Scene) & 2011/08/29(Summer Scene)
Equipment(Summer Scene) : Canon 5DmarkII, Canon EF17-40mm F4L USM, kesller Pocket Dolly & elektraDRIVE BASIC Controller
Equipment(Spring Scene) : Nikon D3, AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

これまた長いことご無沙汰しておりまして、、恥ずかしい限りですが、、先日新潟の十日町に夏前に購入したkesller Pocket Dolly & elektraDRIVE BASIC Controllerを引っさげて試し撮りに行って参りました。



まあなんというか試しですので、適当に曲をつけて投稿ですが、、このドリーなかなか良いです。微速度でも使えます。ただやはり被写体を選びますね、、峠の棚田では微速度撮影をしたのですが、なんというか近景に木やオブジェがないとドリーがスライドしている事をあまり知覚できないです。棚田の映像のような場合だと20秒とかの尺では殆ど違いがわからないので、8秒くらいの映像にするのが最適なのかもしれません。ちなみに曲の尺が長すぎて、最後の二つの映像は昔2008年に撮影した雪解けの棚田の映像も無理やり使いました、、おかげで作品の統一感のないなんとも締まりの悪いものになってしまいましたがあしからず(^^

あと一番最後の月光下の棚田の映像ですが、これ単体で過去にyoutubeで投稿した映像はここのところ海外を中心に人気がありまして、、再生数が徐々に伸びてます。



で、この映像、Twitterでお知り合いになった作家の桜井亜美先生に気に入って頂きまして、先生のおつくりになった映画「Fukushima Day」で使って頂きました(^^。改めてご報告まで。

posted by mockmoon at 07:43| Comment(15) | TrackBack(0) | 微速度撮影